読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬

 

私の家の愛犬ハウル

 

f:id:g9644:20170301135414j:image 

 

めちゃくちゃ寝てる

 

f:id:g9644:20170301135444j:image

 

汚れたクシャクシャのモップみたい(ひどい)

 

ハウルという名前はお察しの通り"ハウルの動く城"から妹が命名した。ここ2年、力が強すぎて本当にハウスを動かす。というか引きずる。本当に怖い。

過去2回ほど脱走した事があるけれど、遠くへ行かず近所を放浪する為なんとか目撃情報を手がかりに救出してきた。家族全員、もう少し大人しくなってほしいねぇこれじゃ本当にハウルの動く城だよねぇなんて呑気に笑うだけで当の本人、というかハウルも未だ悪びれずに城という名のハウスを引きずり回す。正直もう少し問題意識持った方が良いと思うけど…でも愛らしい寝顔見たらどうでもよくなるのも事実で。

とにかく健やかに生きてくれ。

 

予定調和

 

が、乱されてるようで

 

f:id:g9644:20170219011158j:image

 

バイト終わりの最終電車に揺られ地元の最寄駅に着くとまた雪が降っていた。もう今年は終わりだと思っていたのに。

かくいう私も前回の記事の最後の文を無視して普通の日記を更新。そのうち気が向いた時にでも書こうと思います。

 

で、雪が本当に酷かった

実際運転した事のある人はご存知の通り、深夜に雪や霧の中ハイビームにすると光が反射して前方が余計に見えにくくなる。霧は微粒子なので雪よりも見通しが悪くなるけれど、雪は個体なので、白い不気味な物体がひっきりなしに自分に襲いかかって来るような錯覚に陥る。それはそれで怖い。

お陰で普段は80キロで飛ばす道も大人しく法定速度以下で走っていると、見通しの良い三叉路で兵庫県警が隠れているのを見つけた。思えば警察が張ってるのを見るのは初めてかもしれない。こんな雪の中で仕事するなんて大人って大変だなあと、いつもより時間をかけて一旦停止をして通過した。

 

 友人のお陰でなんとかチケットを確保出来たので今夜はライブへ行けることになった。睡眠不足で頭がぼんやりする。頼むから今夜は降らないでほしいな

 

 

WWW

f:id:g9644:20170216165205j:image

f:id:g9644:20170216171543j:image

 

以前から好きなバンド、ペトロールズが来月の3/22に作品を出す事を発表した。

既に名の知れているバンドから今を代表するフレッシュなバンドまで、様々なアーティストが参加するトリビュートアルバムとなっている。

以前は公演直前にも関わらずあっさりチケットを購入出来たのに、ここ数年では入手困難になる程にまで知名度が上がってしまった。きっと今回のアルバムをリリースすればまたファンが増えるんだろうな…と落胆してしまう自分がいる。こんな、好きなバンドが有名になって寂しいだなんてよくある話なんだろうけど。

 

でも、寂しいと思いつつもやはりそれ以上に今回のアルバムへの期待は大きい。

次の記事では、参加するバンドのうちの1つ、LUCKY TAPESを中心に少し書いてみようかと思う。ペトロールズとほぼ同時期に聴き始めたので思い入れが強いのもあるけれど、彼らの演奏スタイルはペトロールズとは真反対で、曲がどう変化するのかが1番楽しみだから。

 

 

 

 

f:id:g9644:20170214001551j:image

 

まだまだ寒い日が続く。

 

 

久しぶりの夜の散歩は少し寂しかった。

少し前までは夏のうだるような暑さが惜しかった筈なのに、今ではもう次に来る夏を心待ちにしている。

 

 f:id:g9644:20170214003345j:image

 

 

春休みに入り、部屋に篭って本や音楽や映画に没頭するだけの日々が続いている。きっと他人から見れば昨日と今日が入れ替わっても気がつかないような生活をしているんだろう。

それでも有難い事に、周りにはこんな生活を続ける私を外の世界に連れ出してくれる友人が沢山いる。そしてそのお陰で、なんとか廃人にならずに済んでいる。

 

来月はそんな友人の1人に誘われて東京へ行く事になった。

去年から行く行く詐欺を続けているにも関わらず何度も誘ってくれる彼には感謝してもしきれない。もちろんずっと行きたいという気持ちはあった。金銭的にも時間的にも余裕が出来た今がきっとチャンスに違いない。

 

 

散歩も終わった事だし、お風呂に入って寝ようと思う。

みなさん風邪にはくれぐれも気をつけて下さい。

 

 

バレンタイン

 

 

f:id:g9644:20170131023249j:image

Undercurrent / Bill evans & Jim hall

 

2年前、バレンタインデー前の誰もが浮き足立つ今の時期、ある人にCDを貸してもらった。

家に帰ってわくわくしながらトラックを確認すると一曲目がMy funny valentineで、粋な事をする人だと驚いた事を憶えている。

 

bill evansはジャズピアノ、そしてJim hallはジャズギターの名奏者。彼らのセッションによるMy funny valentineは、原曲よりも軽やかでテンポが早い。とても有名な曲だけれど、私はCDを借りた事をきっかけにこの曲を知ったものだから今ではもうこのバージョンに慣れてしまった。他の奏者達の演奏を聴いてみたけれど、やっぱりこっちの方がバレンタインに相応しい気がする。

 

普段からジャズを聴く人にとっては言わずと知れた名盤だそうで(ピアノとギターのみのセッションって珍しいからね)、きっと色んな事を考えた上で貸してくれたんだろうなあ

思い入れのある大好きなCDなので興味のある方はぜひ聴いてみて下さい。

  

ちなみにここまで書いておいてなんだけれど、私がこのCDの中で一番好きな曲はDream Gypsyです。

 

 

 

1月の思い出

f:id:g9644:20161203185513j:image

 

容量の関係で定期的に写真フォルダを整理(パソコンにデータを入れたら大体全て削除)するので、私のiPhoneには全くといっていいほど写真が入ってない。でも去年の暮れから使い始めたアプリに写真がぽつぽつと入っている事に気がついた。

 

上の写真は、今年の1月頃に東京に向かう高速バスからの外の景色。あの日は朝から雨が降って一日中冷え込んでいた。バスの中は暖かくて快適で、出発から数時間もしないうちに友達が眠りについた。私はバスの中では眠れないので、友達が深い睡眠に入った頃、ぼんやりと音楽を聴きながら撮った1枚だったと思う。

 

 

f:id:g9644:20161218132658j:image

 

f:id:g9644:20161203185514j:image

 

 東京についた夜、居酒屋で晩御飯を済まして2人で歌舞伎町のラブホテルに駆け込んだ。早朝に部屋を出て、ぼんやりとした意識の中街をあてもなく歩き、大久保で韓国料理を食べてようやく目を覚ました。それで午後は高円寺で服を見た。(何と言っても貧乏旅行だったので、お土産の鳥のブローチと、自分の為に小さい香水瓶を1つだけ買った。)

 

 

f:id:g9644:20161218133553j:image

 

 買い物が終わると赤坂へ移動し、カントリーハウスでバンドの演奏を聴いた。異国情緒に溢れる店内には陽気な人々がひしめき合っていて、ほんの数時間だったけれど、ノスタルジックな音楽に浸れる素敵な空間だった。演奏が一区切りつくと長岡さんにサインを頂き、少しだけ喋った。

 それから私達は一晩を原宿のクラブで過ごし東京を後にした。暗闇の中、目一杯のお洒落をした女の子達が踊っていて、幻想を見ているようだった。写真は、クラブの天井。本当に綺麗だったな。

 

 

 

  とにかくスケジュールをメモしただけのようになってしまった。でも本当に楽しかったんだよなあ…書いてないだけで、本当に色々な事が起きた。クラブの床で爆睡して蹴られたりとか…悪いことも沢山。

 

来年も東京に行こう。楽しみ。20歳になって何処のクラブも出入り可能になった。もっと色々な事がしたい。東京には行きたい場所やお店、会いたい人が沢山いる。次に行く時は前よりもきっと楽しい気がする。